« 帆立とイカのヘルシーカレー | メイン | マヨ1グランプリ・ファイナル大会出場決定しました。 »

黒歴史は今ではいい思い出

先日、中学の同級生と30年ぶりに再会しました。

お互いに見た目がすっかり変わっているか?と思いきや・・・・

面影があるもので直ぐに見つけられました。

今回再会するきっかけになったのがこのブログ。

彼女がブログをみてくれて息子の店へ来店してくれたのがきっかけで再会できたのです。

懐かしい友に会えて嬉しかったわ~


201508814)_1.jpg

オフィシャルにしていますが・・・・・

私の思春期時代は・・・・黒い歴史が満載でございます(笑)

反抗期が人の数倍で暴れん坊といえばキレイに聞えますが、そんな甘いもんじゃありませんでした。

1時間や2時間の遅刻は日常だったし、家出も外泊も当たり前だったし・・・

警察にも何度もお世話になりました。

たくさんの方にご迷惑をかけてきたわけです。

そんな苦い思い出が笑い話として言えるほど月日は流れました。

おバカなことばかり繰り返した私ですが、心を入れかえたのにはひとつのきっかけがあります。

それは亡き父の存在でした。

父は私が家出するたびに、札幌市内にある24時間営業する全ての店を探しまわり私を見つけ出したのです。

それも、一度や二度じゃありません。数えられない程です。

見つかれば髪の毛を鷲づかみにされて所かまわずバタバタに殴られ、

物凄い剣幕で怒鳴られて体は青タンだらけ、そして亡き母の遺影がある仏壇の前に24時間正座の刑です。

しかし、全く懲りずに体の痛みが治れば何度も繰り返すわけです。

そんなことをしていた頃、1人の不良仲間が鑑別所へ送られていきました。

そこの両親は自分の子どもを叱るどころか涼しい顔をしてやっかいものがいなくてせいせいした、

そんな顔をしたのを目の当たりにしたのです。


その時、はじめて父のはかり知れない愛情を感じたのです。

私は愛されているんだと、しっかりと感じることができたのです。

そんな父からの無条件の愛があったから私は改心できたのです。


お盆なのにお墓参りにも行けなかったけれど、中学の友人との再会であの黒黒した過去を思い出して

父への感謝の気持ちであったかい気持ちになりました。