« 2015年7月 | メイン | 2015年9月 »

2015年8月26日

マヨ1グランプリ・ファイナル大会出場決定しました。

料理研究家の中本ルリ子です。


キューピーマヨ1グランプリ ファイナルステージ出場が決定しました。


みなさま・・・・・・・


キューピーマヨ1グランプリですが、予選はみごとに落選したのですが、


なんと、ワイルドカードというリベンジ枠で


全国の皆さまから投票数一位をいただきました。

ありがとうございます。

906ff24bbb1f0162c6de0eeb4a39e34d491fee97.jpg

9月26日は六本木ヒルズアリーナ会場でお待ちしていまーーーす。

しかし、落ちたのにみごとに復活してくるなんて・・・・・・


私の人生を象徴しているようです。

いつも、そんなシチュエーションが多いかもです。


アップダウンの人生ですから・・・・・・・・


全国の皆さんからの一票のおかげですね。


2015年8月16日

黒歴史は今ではいい思い出

先日、中学の同級生と30年ぶりに再会しました。

お互いに見た目がすっかり変わっているか?と思いきや・・・・

面影があるもので直ぐに見つけられました。

今回再会するきっかけになったのがこのブログ。

彼女がブログをみてくれて息子の店へ来店してくれたのがきっかけで再会できたのです。

懐かしい友に会えて嬉しかったわ~


201508814)_1.jpg

オフィシャルにしていますが・・・・・

私の思春期時代は・・・・黒い歴史が満載でございます(笑)

反抗期が人の数倍で暴れん坊といえばキレイに聞えますが、そんな甘いもんじゃありませんでした。

1時間や2時間の遅刻は日常だったし、家出も外泊も当たり前だったし・・・

警察にも何度もお世話になりました。

たくさんの方にご迷惑をかけてきたわけです。

そんな苦い思い出が笑い話として言えるほど月日は流れました。

おバカなことばかり繰り返した私ですが、心を入れかえたのにはひとつのきっかけがあります。

それは亡き父の存在でした。

父は私が家出するたびに、札幌市内にある24時間営業する全ての店を探しまわり私を見つけ出したのです。

それも、一度や二度じゃありません。数えられない程です。

見つかれば髪の毛を鷲づかみにされて所かまわずバタバタに殴られ、

物凄い剣幕で怒鳴られて体は青タンだらけ、そして亡き母の遺影がある仏壇の前に24時間正座の刑です。

しかし、全く懲りずに体の痛みが治れば何度も繰り返すわけです。

そんなことをしていた頃、1人の不良仲間が鑑別所へ送られていきました。

そこの両親は自分の子どもを叱るどころか涼しい顔をしてやっかいものがいなくてせいせいした、

そんな顔をしたのを目の当たりにしたのです。


その時、はじめて父のはかり知れない愛情を感じたのです。

私は愛されているんだと、しっかりと感じることができたのです。

そんな父からの無条件の愛があったから私は改心できたのです。


お盆なのにお墓参りにも行けなかったけれど、中学の友人との再会であの黒黒した過去を思い出して

父への感謝の気持ちであったかい気持ちになりました。

2015年8月 7日

帆立とイカのヘルシーカレー

料理研究家の中本ルリ子です。

毎日の地獄のような暑さにグッタリしてバテています。


暑い時に食べたくなるものは・・・・・・

やっぱりカレーでしょうか?ね。

試作の余った材料で作ってみました。

_MG_2091_1.JPG

このカレーは思うがまま作ったカレー。

いわば感覚だけで作ったカレーです。

料理って大まかなレシピはあったにしても最後の最後は感覚が頼りになるもの。

感覚って感じとる能力だからそれって教えられないものかも。

鼻歌まじりで玉ねぎとトマトを蒸し煮にして、もう少し火を通せばすごく甘くなるぞ~~

そろそろかな~~~~~~~

きたきた、これでいいな♪ みたいなものです。

_MG_2088_2.jpg

疲れた体にスパイスの効いたフルーツの甘みが爽やかなカレーの完成です。

ラード系のルーカレーじゃないのでサラサラと食べられます。

辛くて、またまた汗がダラダラ・・・・・・

それにしても、体が北国仕様にできているので過酷だわ。

この夏。

2015年8月 2日

発芽玄米ってご存知ですか?

料理研究家の中本ルリ子です。

竹林のオブジェがステキな八芳園で開催されたセミナー。

0183d4508119a96ca6b9e7cd027ae7399ff0692942_1.jpg


先日、ファンケルの発芽玄米のセミナーに参加しました。


016c36efcf4d8df304cd4610280bb97a3494332043_1.jpg

腸のスペシャリストである小林先生のお話はとても参考になりました。

健康を一言で説明すると。

「人間の60兆個の細胞のすみずみにキレイな血流がいきわたること」

これが健康な状態だということ。

その為には、呼吸と食事の二つ重要です。

特に腸内環境を整えることは、栄養を吸収する上で非常に重要で、

また毒素を排出してくれる腸は、第2の脳といわれるほどの大切な器官。

腸が健康であることは、血流がよくなり栄養を体の隅々までに行きわたらせることになります。

だから、腸環境を整えるのに発芽米は手軽に摂れる食物繊維である。

ってことです。

さっそく、試食です。


01522139caacdf067ea3a77dcc171f5cade103efc8_1.jpg


まずは雑穀米と白米と発芽玄米の食べ比べです。

玄米よりも食べやすくて、もっちりした食感でした。

玄米ってなんとなく糠の臭いが気になって、得意ではなかったのですが、

これなら大丈夫です、ごはんに混ぜて炊いても違和感ないです。

013c708d4e8a68315fd0136d7c368b1b5f2959b38d_1.jpg

そして、発芽玄米のメニュー監修は料理研究家の土井善晴先生です。

鶏がゆが一番美味しくいただけました。

ポン酢でさっぱりいただくことができました。

0181bf32f57439a7cdb6d5dab13975ab9f52fbe2fd_1.jpg


発芽玄米は玄米を水につけてほんの少し発芽させたものです。

だから・・・・・・

・芽を出すことで栄養価がグンとアップする。

・米に含まれる酵素が活性化するので、甘味とうま味がアップする。

・芽を出すためにぬかの部分がやわらかくなります。

栄養、おいしさ、食べやすさを追求した最強のお米なんですね。

白米と一緒に炊くことができるし食物繊維が豊富です。

夏バテでだらっとしているから、少し自分の体で試してみよっと思いました。

皆さんも雑穀やなどにはご興味があると思うのですが、

この機会に発芽玄米にも注目してみてくださいね。

そして、ファンケルの発芽玄米は北海道産を使用しています。