« 今月のレッスン | メイン | JAさっぽろカレッジお料理講座 »

製造するのではなく、自ら出来るものがイタリアのパルミジャーノ・レッジャーノチーズ

料理研究家の中本ルリ子です。

とうとうお昼でも気温が9℃となりました。

寒いわぁ~~~~

お天気があまりよろしくないですが、今週は心はウキウキ状態なんですよね~~

だって、レッスンが続いて生徒さんがお見えになるからです。

今月はパルミジャーノ・レッジャーノ協会から届いたチーズのレッスンです。

焼きたてのクッキーを皆さんに召し上がっていただこうと、せっせと作りました。

クッキーの上にはたっぷりのパルミジャーノチーズをのせて焼くの。

IMG_1216_1.jpg

焦げたりしないし、うまーーいんだなコレ!


IMG_1234_1.jpg

私の自慢の生徒さんは、皆さまオトコらしくてステキなレディーちゃんばかりです。

女性として、妻として(ここは私にはあんまり関係ないんですが・・・)人として、いつも見習うことだらけで、

毎回生徒さんから沢山の幸せのエッセンスをいただいております。

ステキな方に囲まれて幸せものの私でございます♡♡♡ 

いつもありがとうね。


IMG_1226_1.jpg


さて、今日はみんなさんにパルミジャーノ・レッジャーノチーズのお勉強から。


世界が認めるイタリアの味パルミジャーノレッジャーノは、北イタリアのパルマ市とレッジョ・エミリア市に連なるエルザの谷間で生まれました。

8世紀以上受け継がれている伝統的製法で、徹底した品質管理の下、チーズ職人たちによって手づくりされています。

芳醇さと豊かな風味で名高いチーズの手間ひまかけて長期熟成されたおいしさはたったひとつのオリジナル。

乳牛の飼料はサイロで貯蔵したとうもろこしや発酵した飼葉は一切使用せず、全てその土地の植物性飼料のみの使用しています。

そして、牛乳と仔羊の胃袋から抽出された天然の酵素によってつくられるのです。

IMG_1228_1.jpg


秋の夜長ですが、やはり食欲の秋に勝るものはなしヽ(^。^)ノ 


パスタ横_1.jpg

パルミジャーノの美味しさを味わっていただく秋のレッスンはあと5レッスン。

みなさま~おまちしていまーーーす。


IMG_1210_1.jpg