« 金麦が届いたHappyなレッスン | メイン | 桃の節句はチョーテキトーちらし寿司だよー »

エグロワイヤルでシフォンケーキ Part2

北海道発の料理家 中本ルリ子です。


中部飼料さんのエグロワイヤルの卵でシフォンケーキ。  ココクリックしてね→ エグロワイヤル


先日のブログではプレーンをご紹介しましたが、

春に先駆けて桜シフォンケーキの写真をUPします。

またか? シフォンって・・・・バカの1つ覚えかっ?と思われるかもしれないけれど、


これが一番好きなんです!! 


なんたってイチバン。


ナンバーワンなのです。


もっと言えば・・・・神なんです(^。^)y-.。o○


もしかするとシフォンケーキオタクかも知れないほど、めっちゃ好きなのです。

マニアなんです (もーーーーーわかったしつこいな!!)


でも・・・・・・・


食べることよりも作ることが好きなんです。

むくむく膨れ上がる所がいい。


オーブンでふわっーーーっと膨れる様が癒されます。


キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーって!!


だからと言って全く食べないわけじゃないし、ちまたで美味しいと評判のシフォンは必ず購入して食べてきた。

いや、食べつくしてきました。

お取り寄せもしました。

カフェに行ってもシフォンがあれば必ず注文するしスタバでも食べたことあるし・・・

まぁ、いろいろと食べあさりました。

でも、残念なことに、ソソルようなリピになるほどのシフォンはなかった。

ベーキングパウダーが入っていてパサつくものもあり、なんだかなぁ~とがっかり・・・・が殆んどです。

お手頃の価格のシフォンも・・・・・それなりだけれど、イマイチです。

自画自賛ですけど、ウチのが一番美味しいと思っています(^^♪

ウチで作る時はコストなんて無視、度外視で、いい素材を集めてあとはテクニックだけですから・・・


だから、究極卵のエグロワイヤルは待ちに待った食材の登場です。


ドキドキしながら作ってみました~~


_MG_0369_1.jpg

さあ、こんなに出だしからぶっ飛ばして語りますが、


では、いったい美味しいシフォンの決め手とは何なのか?

それは・・・・・


ふわふわ、しっとり、もっちり、そして生地の軽さにあります。

ここを追求していくのが楽しくて、とっても面白い。

これにはPOINTがあって卵を多めにしてみたり、またシフォンには卵の良さが必須条件♪

そして、焼き時間を短縮してみたり粉の量を減らしてみたり、配合や時間を考えたりするのも好きです。


シャー―――――と口当たりがよくて、まさにシフォンのような食感が上手に出来た時は、にんまりヽ(^o^)丿ほくそ笑む。

_MG_saku_1.jpg

今回は生クリームを薄く塗ってみました。

トッピングは桜の花の塩漬けです。

女子度UP間違いなしの憧れシフォンでしょ?


_MG_sakura1_1.jpg

一切れだけ試食して・・・・・


これで満足です。


私にとってシフォンケーキとは・・・・・

男性からみると、きっとプラモデルとかフィギア作りみたいなものです。

作るのが好きなのであって、食べる為に作っているんじゃないのです。

ただ美味しいシフォンを作りたいのです。メレンゲを合せたり、卵黄生地のフレーバーを考えたり・・・

これを入れたらどうなるんだ?こんなシフォンはありなのか?

そして、ふわふわ、もっちり、しっとりすれば嬉しいわけです。

そんなワタクシの心をいつまでも揺さぶる、好奇心をかきたてる面白さがあるのが、シフォンケーキなのです。

熱く語りすぎたか?


料理研究家はお菓子研究家ではないので、いつまでも趣味の領域で楽しめるシフォンはケーキ作りは

私の唯一の趣味の領域なのかも知れません。


すみません、オタクなもので・・・・・・


あなたには我が心を揺さぶるもの?ありますか?

オタクと言われるほどの・・・・・・

それがあると、人生はもっとビビットに輝くかもしれませんね。