« JAむかわレディース?の料理講座 | メイン | サツマイモを食べて育った豚"いもぶた" »

中部飼料のエグロワイヤルでプリン祭り

北海道発の料理研究家、中本ルリ子です。


札幌では雪祭りが開催されて大雪像の模様をテレビで見てはおおおおおっ~今年もはじまったのね。と・・・・

雪祭りには全く関係ありませんが、私は勝手にプリン祭りの開催中ですヽ(^o^)丿

先日届いた中部飼料さんのエグロワイヤル。


食べきれない程いただいたのでお裾分けしたり、お料理に使ったり、毎日美味しくいただいております。

でも、この卵はそもそもパティシエのリクエストに応えて作られた卵です。

お菓子を作らないと話にならないので、早速トライしてみました。

_MG_0074_1.JPG


大好きなプリンをいっぱい作りました。

何度も作るほど時間もないので一度に大量のプリンを作ることにしました。

卵をケチることなく濃厚なプリンを、

お腹いっぱい食べる為に、牛乳は2ℓ使用して生クリームもドカンといれて・・・・・

まずは自宅用のプリンは10個

_MG_0099_1.JPG

これはプレゼント用のプリンです。

どこかのプリン屋さんの容器をひっぱりだして入れてみました。

いつか?使うかも知れないと取っておいてよかったわ。

おおーーーーっいいねーーーーーーーーーピッタリ、売り物みたい。

なみなみに注がれたプリンは大雑把な私らしく、もう~なんでこうなんだろう?と呆れてしまいますが、

本日このプリンは友人の元にもらわれていきました。良かった良かった。

_MG_0140_1.JPG

家中のカップが無くなったので、バッドに入れて焼いてみました。

上にはカソナードをたっぷりふってバーナーでバリバリに焼いてます。

このまま食べると普通のプリンですが、たくさんあるので冷凍してカタラーナとして保存。


プリン_1.JPG

たしかに味が違う。

濃厚で、本当に美味しい♪♪

このプリンを食べにきた友人も気に入ってくれました。


chiffon cake_1.JPG


プリンを焼いて勢いがついたのでついでにシフォンケーキも焼いてみました。

これは私のスペシャリティーですから違いがよーーーくわかる。

作っている時からいつもと感覚が違うのです。コシのある卵白だからしっかりとした強いメレンゲができます。

ベーキングパウダーなしで作るシフォンの膨らみはメレンゲが命!!

艶もあるし、いいぞ~~~~~~~~~エグロワイヤル(^_-)-☆

お菓子でもお料理でも素材がいいと、美味しいものができるのだ。と納得したのであります。


いつもと何かが違う? 

んーーーーーーー?何が違うのだろう~

でも、なんか違う?  なんか美味しい? なんなんだろう?

このモヤモヤするような?


いつもとは違う何かの正体がプリンの場合は実は卵だってこと(美味しいパンの正体は粉やイーストだっりしますね)


でもね、いい卵であっても新鮮なうちに使用しなければ意味がありません。


やっぱり3日以内の鮮度なものを使用することがベストですね。


たくさんのプリンとケーキで卵祭り、いや~お腹いっぱいです。


鮮度が命だからサクサク使用しないと・・・・・


プリンの作り方はこちらにUPしました。よかったら作ってみて下さいね。


フードソムリエ


つたまご祭り~つづく・・・・・・・


北海道発の料理研究家中本ルリ子でした。