« 2014年1月 | メイン | 2014年3月 »

2014年2月26日

エグロワイヤルでシフォンケーキ Part2

北海道発の料理家 中本ルリ子です。


中部飼料さんのエグロワイヤルの卵でシフォンケーキ。  ココクリックしてね→ エグロワイヤル


先日のブログではプレーンをご紹介しましたが、

春に先駆けて桜シフォンケーキの写真をUPします。

またか? シフォンって・・・・バカの1つ覚えかっ?と思われるかもしれないけれど、


これが一番好きなんです!! 


なんたってイチバン。


ナンバーワンなのです。


もっと言えば・・・・神なんです(^。^)y-.。o○


もしかするとシフォンケーキオタクかも知れないほど、めっちゃ好きなのです。

マニアなんです (もーーーーーわかったしつこいな!!)


でも・・・・・・・


食べることよりも作ることが好きなんです。

むくむく膨れ上がる所がいい。


オーブンでふわっーーーっと膨れる様が癒されます。


キターーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーって!!


だからと言って全く食べないわけじゃないし、ちまたで美味しいと評判のシフォンは必ず購入して食べてきた。

いや、食べつくしてきました。

お取り寄せもしました。

カフェに行ってもシフォンがあれば必ず注文するしスタバでも食べたことあるし・・・

まぁ、いろいろと食べあさりました。

でも、残念なことに、ソソルようなリピになるほどのシフォンはなかった。

ベーキングパウダーが入っていてパサつくものもあり、なんだかなぁ~とがっかり・・・・が殆んどです。

お手頃の価格のシフォンも・・・・・それなりだけれど、イマイチです。

自画自賛ですけど、ウチのが一番美味しいと思っています(^^♪

ウチで作る時はコストなんて無視、度外視で、いい素材を集めてあとはテクニックだけですから・・・


だから、究極卵のエグロワイヤルは待ちに待った食材の登場です。


ドキドキしながら作ってみました~~


_MG_0369_1.jpg

さあ、こんなに出だしからぶっ飛ばして語りますが、


では、いったい美味しいシフォンの決め手とは何なのか?

それは・・・・・


ふわふわ、しっとり、もっちり、そして生地の軽さにあります。

ここを追求していくのが楽しくて、とっても面白い。

これにはPOINTがあって卵を多めにしてみたり、またシフォンには卵の良さが必須条件♪

そして、焼き時間を短縮してみたり粉の量を減らしてみたり、配合や時間を考えたりするのも好きです。


シャー―――――と口当たりがよくて、まさにシフォンのような食感が上手に出来た時は、にんまりヽ(^o^)丿ほくそ笑む。

_MG_saku_1.jpg

今回は生クリームを薄く塗ってみました。

トッピングは桜の花の塩漬けです。

女子度UP間違いなしの憧れシフォンでしょ?


_MG_sakura1_1.jpg

一切れだけ試食して・・・・・


これで満足です。


私にとってシフォンケーキとは・・・・・

男性からみると、きっとプラモデルとかフィギア作りみたいなものです。

作るのが好きなのであって、食べる為に作っているんじゃないのです。

ただ美味しいシフォンを作りたいのです。メレンゲを合せたり、卵黄生地のフレーバーを考えたり・・・

これを入れたらどうなるんだ?こんなシフォンはありなのか?

そして、ふわふわ、もっちり、しっとりすれば嬉しいわけです。

そんなワタクシの心をいつまでも揺さぶる、好奇心をかきたてる面白さがあるのが、シフォンケーキなのです。

熱く語りすぎたか?


料理研究家はお菓子研究家ではないので、いつまでも趣味の領域で楽しめるシフォンはケーキ作りは

私の唯一の趣味の領域なのかも知れません。


すみません、オタクなもので・・・・・・


あなたには我が心を揺さぶるもの?ありますか?

オタクと言われるほどの・・・・・・

それがあると、人生はもっとビビットに輝くかもしれませんね。

2014年2月24日

金麦が届いたHappyなレッスン

北海道発の料理家、中本ルリ子です。

ラ~ァ♫ラララ♫ラッラッララッラッ♪ララッ♫♪~~~~❤~~❤


壇れいちゃんのCМでお馴染みのサントリー金麦が今年も届きました。


ドカンと4箱きゃぁ~~~~96本のプレゼントですよ~~


グビッ♪ゴクゴクとイケる口ならこれは嬉しいプレゼントですね。


今回で3回目になりますが、サントリーさん毎年本当にありがとうございます。

_MG_0341_1.jpg

ならば、せめてもの恩返しってことで、今月のレッスンは金麦に合うお料理にしてみました。


女性に嬉しい野菜をたっぷり使ったお料理ですが、バーニャーカウダはもちろんノンオイルです。

ロールキャベツも肉はカケラ程しか使用せず・・・・


訳あってダイエット中のため、必然的に低カロリーメニューになりました。


それにしても、こうやって写真を撮るとキラキラと鮮やかな野菜達ですね。


_MG_0352_1.jpg

この他には、フランもあり、ほっき貝と帆立貝のサバイヨンソースもありますが、これが人気の一品となりました。

サバイヨンソースはホタテやホッキの下にひいてもいいし、上にのせてバーナーでこんがりコゲ目をつけてもいいし。

どっちでもビールにはピッタリ!!

ホッキ貝をさばくのにちびっと悪戦苦闘した20代の生徒さんに苦笑しつつ・・・

楽しくレッスンが出来ました。


IMG_1231_1.jpgo


3年前にサントリーのハイボールCМでフードを担当したことがありました。

その時の担当の方が美人なキャリアウーマンで~~ロケも楽しかったんですよ。

どうしているかな~と思いつつ。

金麦をみると、やっぱりれいちゃんを感じるのは、私だけでしょうか?

IMG_1103_1.jpg


壇れいちゃんのあの生意気なツンとした所がたまらなく好き!!

ススキノにはドカンと金麦の壇れいちゃんがいたーーーーーーー

今年のススキノの雪まつり会場にて・・・・・れいちゃん寒そうだったわぁ~

サントリーさん、金麦ありがとうございました!!


2014年2月22日

仕込み週間

北海道発の料理家、中本ルリ子です。


お元気でお過ごしでしょうか?

うんざりする程の大雪で、道民はわさわさ降る雪の雪かきで体力消耗しています。

もういらないな~~雪!!


雪のあいまの晴れてる時に、スーパーにダッシュ


大量の買い物をしてその後ひきこもり(^^♪

今週はずっと仕込みと打ち合わせです。


TV出演のレシピ、レッスンのレシピ、外部講座のレシピ、エッセイ執筆、今春からのレシピ連載も新たに決まり~

4月号の某紙面のレシピを監修の校正チェックなどでデスクとキッチンをいったり来りの、

何がなんだかわからないほぼ錯乱状態です。

真夜中は得意のシフォンケーキを焼いて・・・・・・

_MG_0275_1.jpg


午前には写真を撮って・・・・・


_MG_0313_1.jpg


夜からデスクではレシピ書きに励みーーー


IMG_1224_1.jpg

うはっーーーーそれにしてもエビフライ美味しそーーーーーだわ。来月号のリプランをチェックしてくださいね。


さて、本日より2月のレッスンがはじまります。


生徒の皆さま、お気をつけておこしくださいませ~~


ではまた~~

2014年2月20日

キッチリ、カッチリ、ギュッと形を調えたロールキャベツ。

北海道発の料理家、中本ルリ子です。


まるごとのキャベツを買ったなら、やっぱりこれですよね!!

ロールキャベツ~~~~

久しぶりにロールキャベツを作ってみました。


白菜ロールもいいけれど、キャベツのまるーいフォルムにはロールキャベツがぴったり。

コトコトと煮込むので途中で形が崩れないように楊枝でとめたり、ベーコンで巻いたり、かんぴょうで結んだりしますが、

そんなことしなくてもOK。

お肉を入れたらキャベツの四隅をしっかり巻き込んで、キッチリ、カッチリ、ギュッと包みます。

ここが肝心です!!

フュメド・ポワソン(お魚のスープ)で ロールキャベツをコトコト煮込みます。

そして洋風の茶碗蒸しも作ります。


今月のレッスンはサントリーさんから届いた金麦のプレゼントが生徒さん全員にあります。


金麦に合うお料理ならば・・・・・と洋食なお料理にしてみました。


_MG_0170_1.jpg

でもね、最初は桜餅も作って~~ひな祭り仕様を考えていましたが・・・・

_MG_0227_2.jpg

金麦スタイルにあわせたら・・・・・

こうなってしまった~~~~

まだまだ、春待ち遠しいですが、せめて食卓だけは春の装いで~皆さまをお待ちしております。

2014年2月18日

世界一の豪雪Cityは札幌です。

北海道発の料理家、中本ルリ子です。


ここ数日、関東、関西地域の友人から雪は大丈夫か遭難してないか?

との安否確認の連絡が届きました。


なぜ停電にはならないのか?なぜ普通に生活できるのか?との・・・・笑っちゃうような?

ことまで聞かれて閉口、沈黙、爆笑です。


札幌市は世界一の豪雪City!!


年間に6m以上の累計積雪があって、そして人口は190万人の都市っていうのは世界中からみても札幌以外はありません。

世界一の豪雪シティー札幌がなんら支障なく普通に生活できるは、除排雪のシステムが整備されているからなんですよね。

わさわさと雪が降っても、朝には道路は除雪がされているもの・・・・

世界一ですよ、ぶらぼー❤

除雪のブルが通る音は雪が降ると毎晩聞こえてきますから、そんな環境の中で過ごしております。


ハイ!!


札幌市民は雪との生活は当然織り込み済みですが、雪かきは本当に大変です。

「雪かき大変だべさ~~~~~」なんて笑えない程、雪かきでみんな疲れているの。

我が家はマンションですから、全く関係ないのですがね・・・・


レッスンの時は大雪にならない様に祈っています、みんな疲れているからね・・・・・

さて、本日はこの春から某キッチンスタジオで月1回の講座を担当することになったので、

その前のプレ講座。詳しくは後日にお知らせいたします。


IMG_1198_1.jpg


最新のガスは、こんなすんばらしいシステムになっていて・・・・

スゴイですよ。

IMG_1200_1.jpg

まだ、使いこなせないし、ぜんぜん慣れないけれど・・・・


おいおい勉強していこうと思います。


楽しい講座になるように、しっかりお伝えしていきますので~~

ちびっと、辛すぎたのですが・・・・

キレイなキッチンスタジオでいつものように明るくやっちゃってます。

IMG_1195_1.jpg

ではまた~~~

北海道発、料理化の中本ルリ子でした~~

2014年2月17日

えびフライはわんだほー

北海道発料理家の中本ルリ子です。


えびフライ揚げました!!


試作ばかり続けていると・・・それを食べたい胃ではなく気分ではなかったり、


正直、あんまり食べたくなぁ~と思うこと。


しばしばあったりして・・・


そこで、大好きなエビフライを揚げてみたーーーーーーー


大好きなんだ、えびフライ。

エビも少々値のはる商材ではありますが、外食で食べるとすると1000円以上はするわけで、

8尾で1000円なら、えびフライが8本も食べられるんだから考えようには?得だよね。


納豆ごはんや、卵ごはんとか(^^♪で済ませることが多くて、外食も続いたし~

なんてことないさーーーーーーー


_MG_01667_1.jpg


たっぷり卵入りのタルタルソースは和のテイストです。

ラッキョウと紅しょうがが入っていて、長ネギもたっぷり入れました。

イケるよ!!!コレ。


料理をプライベートで作ったけれど・・・・


なんだかんだ、


結局最終的はレシピのことを考えて計量もするし、このエビフライの別カットのものは


来月号のエッセイ写真に採用となりました。


やっぱり仕事に結びつけてしまうのね~~

習慣とはこういうことか・・・・

ともあれ、やっぱりいいな~特大エビフライ。


わんだほーーーーー❤

ご機嫌に過ごした一日でした~~~~

2014年2月10日

サツマイモを食べて育った豚"いもぶた"

北海道発の料理研究家、中本ルリ子です。

雪まつりには行っていませんが、ススキノ会場に買い物帰りにチラっと寄ってみました。

IMG_1097_1.JPG

氷の中にお魚が入っているこの氷像は特に気に入って毎年必ず眺めています。

なぜ?魚入りなのにこんなに綺麗な氷になるのか?

白く濁らないで綺麗な澄んだ氷のまんまなんだろう?と不思議に思います。

IMG_1104_31.JPG

ねっ? そうでしょう?

不思議だわ~~

さて、本日はいもぶたの話題です。


中部飼料さんの"いもぶた"が届きました。

基本、私はタンパク質が大好きなワイルド肉食系ですヽ(^o^)丿

先日から卵やら肉やら、わくわく食材が届いて嬉しい悲鳴をあげています。ありがたいですね。

_MG_0151_1.JPG


道内にもブランドポークはたっくさんありますが、豚肉のおいしさはその脂にあります!

このいもぶたはネーミング通り、そのまんま、いも中心の飼料で育てられ、

特にサツマイモを食べてるとのこと。

あの有名なイベリコ豚の飼料は主にドングリです。だから脂がとても美味しいですよね。

食べたものが正直に

やはり飼料会社さんのお墨付きをいただいた飼料をたべているからこそ、美味なる豚ちゃんができるってことです。


豚ちゃんが食べたサツマイモは、サツマイモのでんぷんが体内で良質な脂にじっくりと作り変えられます。

その特性を利用すると、臭みが無くて、旨味があって・脂身に甘味のある豚本来の味わいに仕上るのです。

その他、ビタミンEやミネラルなどもバランスの良い飼料も配合されて、ノビノビと育った美味しい"いもぶた
"

届いたお肉は冷凍のロースのしゃぶしゃぶ用でしたが、ドリップがでていません。

ビタミンEとミネラルを飼料に入れることで、やわらかで、ドリップが少ない肉質になるんだそうです。

冷凍してあるお肉を解凍したら、ジャバジャバのドリップがでて旨味も溶けちゃってるのでは?と残念に思う時がありますが、

それはこのいもぶたにはみられない。ピンク色の神々しいこと~~~おいしそう~~

_MG_0147_1.JPG


食材がいいとやっぱり時間をかけて料理をしてみようか?って気分になります。

インスタントのおだしも忙しい時には重宝しますが、今日はしっかりと昆布とかつおの一番だしをひきました。

黄金、琥珀色のおいしい出汁ができたので、塩味だけでキノコと野菜を入れて、しゃぶしゃぶ風にさっと加熱してたべてみました。

あっさりとして、恐ろしい程沢山食べてしまった!!

美味しいものを食べると我を忘れてしまいます。

明日から少々控えるとして・・・・・・

ビタミンE入りだから、元気モリモリで風邪も吹き飛びますね。

千葉産のいもぶた。 

美味しくいただきました。

ではまた~

北海道発の料理家 中本ルリ子でした。


2014年2月 9日

中部飼料のエグロワイヤルでプリン祭り

北海道発の料理研究家、中本ルリ子です。


札幌では雪祭りが開催されて大雪像の模様をテレビで見てはおおおおおっ~今年もはじまったのね。と・・・・

雪祭りには全く関係ありませんが、私は勝手にプリン祭りの開催中ですヽ(^o^)丿

先日届いた中部飼料さんのエグロワイヤル。


食べきれない程いただいたのでお裾分けしたり、お料理に使ったり、毎日美味しくいただいております。

でも、この卵はそもそもパティシエのリクエストに応えて作られた卵です。

お菓子を作らないと話にならないので、早速トライしてみました。

_MG_0074_1.JPG


大好きなプリンをいっぱい作りました。

何度も作るほど時間もないので一度に大量のプリンを作ることにしました。

卵をケチることなく濃厚なプリンを、

お腹いっぱい食べる為に、牛乳は2ℓ使用して生クリームもドカンといれて・・・・・

まずは自宅用のプリンは10個

_MG_0099_1.JPG

これはプレゼント用のプリンです。

どこかのプリン屋さんの容器をひっぱりだして入れてみました。

いつか?使うかも知れないと取っておいてよかったわ。

おおーーーーっいいねーーーーーーーーーピッタリ、売り物みたい。

なみなみに注がれたプリンは大雑把な私らしく、もう~なんでこうなんだろう?と呆れてしまいますが、

本日このプリンは友人の元にもらわれていきました。良かった良かった。

_MG_0140_1.JPG

家中のカップが無くなったので、バッドに入れて焼いてみました。

上にはカソナードをたっぷりふってバーナーでバリバリに焼いてます。

このまま食べると普通のプリンですが、たくさんあるので冷凍してカタラーナとして保存。


プリン_1.JPG

たしかに味が違う。

濃厚で、本当に美味しい♪♪

このプリンを食べにきた友人も気に入ってくれました。


chiffon cake_1.JPG


プリンを焼いて勢いがついたのでついでにシフォンケーキも焼いてみました。

これは私のスペシャリティーですから違いがよーーーくわかる。

作っている時からいつもと感覚が違うのです。コシのある卵白だからしっかりとした強いメレンゲができます。

ベーキングパウダーなしで作るシフォンの膨らみはメレンゲが命!!

艶もあるし、いいぞ~~~~~~~~~エグロワイヤル(^_-)-☆

お菓子でもお料理でも素材がいいと、美味しいものができるのだ。と納得したのであります。


いつもと何かが違う? 

んーーーーーーー?何が違うのだろう~

でも、なんか違う?  なんか美味しい? なんなんだろう?

このモヤモヤするような?


いつもとは違う何かの正体がプリンの場合は実は卵だってこと(美味しいパンの正体は粉やイーストだっりしますね)


でもね、いい卵であっても新鮮なうちに使用しなければ意味がありません。


やっぱり3日以内の鮮度なものを使用することがベストですね。


たくさんのプリンとケーキで卵祭り、いや~お腹いっぱいです。


鮮度が命だからサクサク使用しないと・・・・・


プリンの作り方はこちらにUPしました。よかったら作ってみて下さいね。


フードソムリエ


つたまご祭り~つづく・・・・・・・


北海道発の料理研究家中本ルリ子でした。

2014年2月 4日

JAむかわレディース?の料理講座

北海道発の料理研究家、中本ルリ子です。

人生初上陸となる北海道むかわ町へ行ってきました。

むかわ町は道央圏の南方に位置し、空の玄関の千歳市、海の玄関の苫小牧市にも

近く、札幌からは約100kの道のりですからサクッと行ける所です。(道民は100k程度の道のりならサクッと表現する。私だけかもしれないけどね)

小樽市、旭川市、函館市、苫小牧市、帯広市には講座に出向くことはあっても、

町に呼ばれるのは初です。


だからね~~個人的にこの日が来るのを心待ちにしていました。

きっと、町の皆さまは、都会の方とは違ってざっくばらんで、優しくて、気取らなくて、いいんだろうな~~

癒される~~と1人勝手な想像の中で楽しみでワクワクしていたのです。

気取らない感じっていいじゃないですか~~ねぇ~♫

そんな期待を裏切らない、いや、それ以上のザ❤フレンドリーガールズが鵡川には18名も居たよぉ~~~!!

IMG_1068_2.JPG

左右には鵡川のピンクレディーにお座りいただきました(●^o^●)お母さん達はあったか~~い❤❤❤


到着すると青空でした。

札幌では冬だとあまり青い空を見られないから、この空だけで嬉しくて得した気分です。

IMG_1078_1.JPG

むかわ町は酪農、農業、漁業の町ですが、今回のメイン食材は特産品の"ニラ"と"チーズ"を使ったお料理です。

ニラは多年草です。

だから、一度植えれば何年でも同じ株から葉が伸びて年に数回は刈り取りできるの

ですが、夏頃になるとどうしてもスジっぽくてかたくなります。

でも、この時期のニラは一番ニラ。

言わば新芽的なものだからとってもやわらかくて美味しいの。

加熱するとしっとり、甘味も強く、もちろん生で食べてもイケるのです!!

そこで、メニューは少しだけ冒険してみました。

味噌、醤油などは一切使用しない。

オウチでは、あんまり作らないであろうエスニック系のアジアン料理にしてみました。


IMG_1054_1.JPG

エスニックには不可欠のパクチーをはじめ、ココナッツミルク、五香粉、ナンプラーも使いました。

やはり女性は順応性に優れていますね。

皆さまそれぞれに作り方も、味も、すんなりと受け入れていただいて、ほっと一安心しました。


チーズはASUKAのチーズ工房さんのカチョカバロとさけるチーズを使いました。

ここのチーズはミルクの風味が生きていて、子どもさんでも食べられる優しい味が特徴です。

IMG_1061_1.JPG

試食の時は味のバランス、酸味との組み合わせ、アミノ酸などの話を含め、どさくさに紛れてしっかりと拙著のPRヽ(^o^)丿をてんこ盛り。

持参いたしましたシングルママも全部お買い求めいただきました。

サインとメッセージを皆さまにお入れさせていただきました。

JAむかわカントリーフレンズのみなさま、今回ご縁をいただいた幹事の皆さま

本当にお世話になりました。

昨年から準備など大変だったと思いますが、おかげで無事に終了しましたね。

中本ルリ子の料理講座は札幌のあちらこちらで開催しております。

サクッと鵡川から100kぶっ飛ばしてぜひいらしてくださいね。

また、お目にかかれるのを楽しみにしています。


札幌はたぶん雪だから、空もどんよりしてるんだろうな~

むかわの青空をずっと眺めていたい気分でしたが、帰路に・・・・

初めて日高道を車で走ったので、いつもと違う風景(^^♪で気持ちもリフレッシユできました。

IMG_1082_1.JPG


出会いに感謝、お仕事に感謝の一日でした。


ではまた~~~~~

北海道発の料理研究家、中本ルリ子でした。

エグロワイヤル

北海道発の料理研究家、中本ルリ子です。

不摂生がたたったのか?風邪気味で少々パワーダウンしておりましたが、

病院で点滴と注射をしてもらって元気復活しました。


なんと、昨日は18時という子どもでも寝ないような時間に就寝しました。

今朝は3時起床してメールのチェックを終えて、今日の料理講座への準備も万全に調いました。

さて、我が家には先週から沢山の卵が届いております。


卵大好きだから嬉しい悲鳴をあげております。


北海道の養鶏場さんからもいただきましたが、

名古屋が本社の中部飼料さんのエグロワイヤルも届きました。


うはっーーーーーっ♪ 


ど~ど~~ん~~~~10k(^。^)y-.。o○

卵好きにはたまりませんね!!


パティシエの声を聞いてコクのある、生臭さがない、フランス菓子のために作られた卵。『エグロワイヤル』

卵は鶏に与える餌によって大きくその美味しさに差が出ます。

色も味も風味も・・・・・・です。

中部飼料の厳選された飼料によってスクスクと成長したエグロワイヤルは

卵黄が大きくハッキリした黄色。


卵なんて大差ないと思っていたら大間違いで、何かがちがう?

ホントに違っていて味に大差がでるのですよ。


特にお菓子作りでは形成の生命線ともいえる卵です。


こんなに沢山あるし、大好きなプリンを沢山作りますね。

その模様は後日UPするとして・・・・・

_MG_0053_1.JPG

名古屋本社の会社さんは何かご縁があるのかしら?

伊勢野菜を作っている企業さんとも数年前からお付き合いがあるので、

今年は必ず名古屋へ行ってこよう~~~


本日はエグロワイヤル卵のお話でした。


北海道発の料理研究家、中本ルリ子でした。

ではまたね。