« パリの最終日 | メイン | カリッ、あま~、しょっぱ味? »

kouigu Amaun

むかーーーし、ちまたで一世風靡しましたが最近はどこにも売っていませんね。

kouigu Amaun (クイニーアマン)を焼いてみました。

ブルター二ュ地方の言葉でクイニーはお菓子。

アマンはバターという意味です。

バターが豊富なブルターニュ―ならではのお菓子とも言えますね。

フランスから大量に購入した発酵バターで試し焼き~~

_MG_1392_1.JPG

イーストを使用した発酵生地ですが、なんと冷蔵庫で低温発酵させるため20時間も眠らせています。時間かかるお菓子なのです。

しかも、生地には200g近いバターを織り込むのですが・・・・・

こんなにバターが入ると?

いったい何Calあるんだろう?と計算しただけで恐ろしいくなるお菓子です。

いやいや~~それだもん、美味しいはずよね~~

カリカリの表面とクロワッサン的なザックリ感もあって出来栄えは上々です。

一日かがりで出来るお菓子で生産性も少々悪いのですが、かなり旨い!!


Bon appetit ♪♪