« 今年もお世話になりました。 | メイン | 胃もたれ解消にはこの食材を!! »

国立ファームの野菜と卵

いよいよ2013年がはじまりました。

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

元旦ですから氏神様のもとへご挨拶。

今年も健康で生きられるだけ生きられますように・・・・・

家内安全、無病息災を御祈願して参りました。


新年初に届いたダンボール。

重い、デカい、何だろう?と開けると、なんと!!

たっくさんのお野菜達です。

きゃ~~~~ぁ~

国立ファームさんより届いた東京のお野菜達がギッシリ!!

まずは『ひとみ五寸にんじん』です。

とっても甘そうな佇まい。

瑞々しくフルーティーなにんじんの『ひとみ五寸』は生食むきの超うまうまにんじん。


_MG_4967.jpg

しかし、私の目をひいたのは、野菜はさておきこれでした♪

卵好きにはたまりません。

ホワイト卵です!!

_MG_4962_1.jpg


『お米を食べて育った鶏から生まれた卵』はトウモロコシを食べる鶏と違って

卵黄が白くなるらしい。

鶏が食べる飼料用のトウモロコシのほとんどは米からの輸入もの。

その昔、日本で飼育されていた鶏はお米を食べていたそうですが、

今ではほとんどの鶏が輸入のトウモロコシを飼料としています。


なぜかというと・・・・・

コストが安くすむからです。

そんな理由は私達の食卓事情とよく似ているかも知れませんね。

一例ですが・・・・

スーパーに行けばノルウェー産のサーモンや鯖、タイ産の海老、アフリカ産のタコもある。

肉だってオージービーフやブラジル産の鶏にいたるまで・・・

あげればキリがないほど日本はコメ以外の食物を他国に頼っているのが現状。

納豆だって国内大豆より輸入された大豆で作られているのが大半です。

だから、スーパーのほとんどがインターナショナルマーケット。

ということは・・・・

私たち日本人は"他国からの食物で命をつないでいる"民族と言っても過言ではないのです。

北海道に住んでいれば、鮭なんていっぱいとれるのに。

はるばる遠くからやってきたノルウェー産の紅鮭のお刺身を普通にたべている。

理由は、鶏の飼料と同じく、

安くてしかも美味しいしスーパーでも売られていて手に入りやすいからです。

安心か安全か否かということは二の次なんですね。

このホワイト卵は、飼料には国産米を使い多少コストがかかろうとも安全で安心なものを

将来にわたって生産していくことを目的にしています。

消費者の皆さまに胸をはって自信をもって、クリエーターとしてのモノ作りに徹底的にこだわっているのです。

安心安全っていうのは、究極に考えると命を脅かすことがない行為。

安全を食べるというのは他国ではなく自国でつむぐことだと考えています。


ということで、早速食べてみましょ、と目玉焼きで食べ比べてみました。

ふたつがホワイト卵、ひとつは普通の卵です。


国立ファーム ホワイト卵

_MG_4969.jpg

うーーーーーーーん。

卵白がキュルッとしてとても旨い、卵黄は濃厚っていうよりヘルシーです。

ホワイト卵のカロリーは、他の卵と比べると25カロリーダウンののヘルシー卵です。

あっと、でも3個もたべたらカロリーUPですねヽ(^。^)ノ

国立ファームのお野菜編、

つづく・・・・・