« 2011年1月 | メイン | 2011年3月 »

2011年2月28日

野菜果物セミナー

IMG_0195_1.jpg

札幌市中央卸売市場 青果部主催の野菜果物食育セミナーがありました。

今月2回目となるこのセミナーには 前回をはるかに超える多くのお客様が

ご来場なさいました。

野菜と果物が体にいい 健康に役立って事は誰でも知っています。

ではどんな調理方で食べると栄養素を効率的に無駄なく体に摂り入れることが

できるのか?など、わかりやすく、楽しくお話させていただきました。

爆笑シーンあり(必須) 試食タイムあり、質疑応答あり 盛り盛り内容でしたが

無事終わりました。やっぱり時間足りないのぉー 

本日ご参加の皆さま ぜひ今日から 野菜と果物にもっともっと

興味と好奇心をもって 食卓にビタミン ミネラルを積極的に摂り入れる

工夫をなさって下さいね。

IMG_0200_1.jpg

2011年2月26日

定番を極める

焼き餃子は家庭料理の中でもひときわ人気のあるメニューですよね。

今月は中華モリモリメニューでしたが、少しだけグレードアップした餃子を作ってみました。

餃子には豚ひき肉をお使いになる方がほとんどだと思うのですが、

ここはぜひ豚バラ肉を包丁で丁寧に叩いてミンチにすると美味しいですよ~

すりおろし生姜は必須、オイスターソースも隠し味程度にいれる。

皮はいつもの市販の皮ですが 生徒さんは皆さん上手にできました。

_MG_0549_1.jpg

焼き方も重要ですが・・・・・・・そこは省略して

完成したのがこれでーす。

_MG_0563_1.jpg

今月は Ruriko特製手作りラー油でこの熱々餃子を試食していただきました。

_MG_0566_1.jpg

この手作りラー油は なかなか生徒さんには好評でございまして、

「先生 ルリコのラー油を売ったら??どう?」は・・・・・・

さすが身内だけあってみんな褒めるの上手いよ~~~いつもありがとうございます。

来月もお楽しみにっ!!!

2011年2月25日

可愛い来客

以前にアシスタントをしてくれていた咲ちゃんがレッスンの後に遊びにきてくれました。

すっかりママとなった咲ちゃんの愛娘ちゃんのお手手で~す。

ぷくぷくがあまりにもかわいいのでパチッとシャッターを切りましたが、キョロキョロ辺りを見回して

私を見るなり泣き出しました(-_-;)

_MG_0528_2.jpg

2011年2月22日

淑女の晩餐???

先日バンケットへディナーへ参りました。

お腹一杯食べて のんで 喋りまくりの楽しい一夜。

最近 ここは札幌なのか?東京なのか?北見なのか?旭川なのか?

毎週ドコカしらに出ておりましてなんだか時間と曜日の感覚が狂っております。

IMG_0162_1.jpg

あら~美味しそう~と・・・・H枝ちゃんのかわいい一枚が撮れました。

R子さま(私ではないのよ)のご注文なさったのは このフランベの豪快なデザート。。。

IMG_0168_1.jpg

一堂が気に入ったのは・・・・・

このお魚料理です。

IMG_0161_1.jpg

楽しい会話は永遠に続きそうで盛り上がりましたが、もちろん

淑女の晩餐ですから??しめやかに終わりましたよ。

2011年2月18日

やっぱりお肉でしょう

IMG_0173_1.jpg

東京より味育講座の先生がお見えになりました。

大好きな宮川先生です。

私と先生は初対面で新宿ヒルトンホテルのスイートに寝泊りした仲でございます(笑)

いきさつを話せば長くなりますが・・・・以来親交を続けております。

来札された先生も私もお料理の先生をしているのに・・・・・・

自分の食べるものにはあまり興味も関心も薄く???

夕食は何でもいいわよーって感じ!!

ではサッポロビール園でしょう~てことでお連れいたしました。

お肉を食べると体温が上がるのよねーカルニチンもたっぷりだから

代謝もアップするし・・・・・とモリモリラム肉をいただく。

IMG_0171_1.jpg

一人暮らしセットを先生からプレゼントしていただきました。

まぁー 先生のセレクトは見事に、豪華で優雅なおひとり様用のお食事セットでございました。

さすが・・・・・・・

エシレのバターも入っていたよん。

2011年2月 8日

アル・ケッチァーノinトマム

IMG_0396_1.jpg

山形県庄内の地から「地方の幸福とは何か」を問い続け、

地方はどうしたら元気になるのか、どうしたら幸福感を味わえるようになるか?

そればかりを考えていたとおっしゃる 奥田政行シェフ。

山形のアルケッチァーノが期間限定でトマムにオープンときいて

贅沢な晩餐会を楽しんで参りました。

北海道の食材を楽しむロングランコースは全部で16品のコースです。

食材が本来持つべき味を大切にして 全てのメニューをいただいても塩分は3.5g程度に

抑えているというではありませんか・・・・スゴイよね。

1品サービスされる度にモグモグ、ご一緒した皆さまと沈黙しながら 

ひたすら考えながら咀嚼(笑) ・・・・・・

_MG_0356_1.jpg

「日本最初の玉ねぎ札幌キーの60℃2時間炒めとグラナパダーチーズ」

60℃の温度は湯煎で調節をしてじっくりと甘味を引き出していく調理法、へぇ~大変だぁ~

まだ食べたいなぁ~と思う位の少量なのですが、

これがすごく美味で甘い玉ねぎとグラパダチーズの相性バッチリです。

札幌黄を札幌キーと表現するのもオチャメなシェフらしい所。

_MG_0362_1.jpg

マスのたまごと卵と米粉のカリカリに泡立てたフレッシュクリームと緑茶のパウダー

最強のまったりとプチプチ食感、カリカリの米粉がすごく美味しいのです。

あれ?この食感は何かな? この遠くにある香りは何ですか?

と皆さま頭をフル稼働させて考えながらいただく。

IMG_0385_1.jpg
「ちょっとーそんなにに考えなくてもいいんでないのぉー」と北海道弁が出まくりです。

IMG_0378_1.jpg

科学者のような奥田シェフは時折お料理の説明に訪れながら笑顔で答えて下さいます。

IMG_0403.jpg

トリュフ好きの私にはたまらないね。

このいい香り~

3時間ほどかけてお腹いっぱいで もう限界点かな?と思ったのですが、

デザートまでしっかりいただきまして真夜中12時過ぎに解散となりました。

朝食もアルケッチャーノで・・・・・と思いましたがもう札幌に向う時間。

次回は是非朝食もいただこうと心に誓ったのでありました。