« シュールストロミング Surströmming | メイン | 硝子作り »

神戸ぜんざい?

十五夜は名月とも呼ばれ古来から観月の好時節とされていました。

月下に酒宴を張り詩歌を詠じて月見団子・里芋・枝豆・栗などを盛って、

神酒を備え月を眺めて楽しんだと言われています。

9月22日 本日は中秋の名月。

酒宴を張る?ってことはいたしませんがぜんざいを作ってみました。

普通のぜんざいに黒豆入りコーヒーを注いでいただくのが

神戸発の神戸ぜんざいであります。

神戸のコアコーヒーさんの黒豆は丹波の黒豆を使用。

黒豆が入っている為にコーヒーの酸化が少なくてなんといっても美味。

中秋の名月風に 神戸ぜんざいをいただく。

_MG_0249_1.jpg

おだんごは手軽にミツカンの新製品 もっち~を使用。

このもっち~は水加減しだいで もっちもっちのクレープが手軽に出来きますよ。

最近のちょっとしたお気に入りです。

苫小牧講座でお目にかかります皆さま、ミツカンもっち~が登場いたします。

どうぞお楽しみに・・・・・
_MG_0074_1.jpg

皆さまそれぞれに中秋の名月をお楽しみ下さいね。