« にんにくチップのあっさり麺 | メイン | 雷雨の後 »

まじめなお話

20060716_0060.JPG


こんなに沢山のピンチョイスを自分でつくると大変だなぁー
っていつもこの会場へ来ると思います。
とっても美味しそうなのに・・・・・・・結構残ってたりします~

そこで本日はまじめなお話
日本のカロリーベースでみる食料自給率は40%
他の食料60%は外国からの輸入に頼っています。
しかし26%を残飯として棄てているというのが事実。

日本国内で食べ残して捨てられた残飯の量は、約700万トン。
これは全国民が1日3食のうち1食分は食べ残している計算になるそうです。
わざわざ輸入しても、大量の食料を食べずに捨てているという事。

この、食べずに捨てられたものの価値は、
年間で約11兆円で、これは日本の農林水産業の年間生産額と
ほぼ同じ額に相当するらしいです。
という事は、農家さんが苦労して作物を育てたり、漁師さんが一生懸命漁をして魚をとっていても、
その一方でそれに見合う分の食料を捨てているという生活を、今の私たち日本人は送っているのです
なんともショッキング・・・・・・・
知ってると知らないとでは大違い、
少しでも食べ残しをへらしましようよ~

少しばかり真面目なお話でした☆

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)