« 60歳のお誕生日 | メイン | アルコールの話 »

ギネスブックの果物

IMG_0265_r1.JPG IMG_0271_r1.JPG
 

「森のバター」と呼ばれているアボカドはギネスブックで
「世界一栄養価の高い果物」と認定されています。

果物には珍しく多くの脂肪分と栄養素がたっぷり~
脂肪分の取りすぎはちょっと・・・と思うかもしれませんが、
アボカドの脂肪分は不飽和脂肪酸で オレイン酸やリノール酸。
これはコレステーロール値を下げる機能があります。
脂肪の代謝を盛んにし、血液中の悪玉コレステロールを
増やさずに善玉コレステロールを増やしてくれます。
カリウム、ビタミンE、ビタミンB群、食物繊維などもたっぷりです。スゴイのよー
中でもビタミンEは体内の酸化を防いでくれます。
酸化がすすむと細胞の一つ一つが老化してきて、シミやしわが増加←(恐ろしいわ)
老人ぼけにもなりやすいといわれています。☆

でもいくら体にいいといっても苦手な方にご提案です!!
ねっとり まったりの食感がちょっとなぁーと思う方へ
10月頃に出回る新ものを試してみて下さい。
一年の中でもこの時期のものは脂肪分が少なくて
青々しくて あっさりとした味わい。
それでもイヤだわーっと思う方へ
完熟したものをスープや天ぷらグラタンなど、そしてなんと
カレーにいれると鮮やかな色そのままで美味しいです。
口の中でトロけます。お試しあれ♪
デザートではババロアやプリンにしてもよし。
違ったアボガドの美味しさを発見するかも知れませんよ。

コメント

アボガト&シュリンプサラダ大好きです。 アボガドをカレーに・・・というのは初耳です。 今度、ぜひ試したみたいです♪

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)